先輩の声

入職5年目の准看護師 勝吉さんと、入職2年目の准看護師 廣山さん、そして矢部看護師長を交え座談会形式でをインタビューさせていただきました。
また、お二人とも有馬病院とリワーク病棟六甲それぞれ入れ替わりで異動になられたばかりで、貴重なお話も伺うことができました。
インタビュー:株式会社イケル

スタッフインタビュー

看護師を目指したきっかけは何ですか?
勝吉:福祉の道には行きたいとずっと考えていて、実は保育士になりたいなと思っていました。
両親や先生に進路の相談をしていく中で、今の時代は看護師の方が良いのではと勧められて。自分でも色々考えたんですけど、看護師の資格を取ってからでも保育園に勤めらると言うのを聞いて、そういうのもありだなと思って看護師に決めました。保育園に1人看護師がいないといけない保育園もあるみたいで、それを聞いてそういう道でもいいなと思って決めました。
廣山:わたしは、父が医療関係の仕事をしていて憧れていたのと、コードブルーという医療系のドラマを観て「かっこいいな!」と思って。「自分も絶対なろう!」と思いました。
内海慈仁会有馬病院に入職を決めた理由は?
勝吉:二人とも有馬病院の奨学金を活用し学校で学びました。奨学金制度があったからというところが大きいです。
お二人とも、同じ九州出身ですが、遠くに来る不安は無かったんですか?
勝吉:先輩がたくさんおられて、あまり不安はありませんでした。

矢部さんは、故郷に戻りたいという気持ちはありますか?
矢部:帰りたいという気持ちはあまりなかったですけど、親から「精神科」という偏見は多少感じます。普通の外科内科とか大きな病院に移りなさい、という親の気持ちがあるんだと思います。
最初は、しばらくしたら辞めようかなと、正直考えるときもありました。でも、やっていくうちに私は、「この病院」が「精神科」が面白い、「やりたい」と思うようになりました。やりたいからずっと居るんですよね。
先輩も長くお勤めさている人が多いんですか?
勝吉:たくさんおられますよ。でも、一般科に行きたいと言って辞めていく人もおられます。精神科で頑張って、その後に内科外科や一般科に学びに行きたい、学べるのは若いうちだからと退職される方もおられます。精神科だけを極めたいって方もおらたり、一般科に行った先輩が子供が出来たらから、子供の面倒が見たいからここに戻って来られる方もおられます。いろいろな先輩がいますね。
お二人は最近異動で、有馬病院の方とリワーク病棟六甲とでちょうど入れ替わったとお聞きしましたが、病棟が変わって、いかがですか?
勝吉:技術面は以前の病棟の方が学べましたが、経験という点では、慣れていない患者さんが多く、違う学びになります。
廣山:確かに患者さんが変わりましたが、いろいろと尽くすことには変わりありません。対処も変わりますが、やり甲斐はあります。
特に大変なことはなんですか?
矢部:攻撃的な言葉とか罵声など病状と分かってはいるけれど、そのままを受け入れてしんどくなってしまうとか、特に経験が浅いと滅入ってしまうこともあります。でもそれは、精神科に特有という事だけではないと思います。どの看護も経験を積み重ねて、いい看護が出来るのだと思いますよ。それに1人でやっている訳ではないので、他のスタッフ同士で調整したりして、和らげられるクッションの役目をしてもらって、チームワークで負担を最小限にします。
やりがいを教えて下さい。
勝吉:患者さん一人ひとり言葉も対応も違うので、病状とか性格も見ながら声掛けしたことが患者さんに安心してもらえたりとか、ホッとするとか言われたら、嬉しいです。自分が思い描いてこうしてあげようということが患者さんにプラスに働いていい関係になった時に、上手にサポートできたなって、役に立ったって感じがやり甲斐になります。
廣山:状態が悪くなって入院されて、とても良くなって退院されていくのが嬉しいですね。普段よくある事ですが、患者さんと自然な会話が出来るときが嬉しく感じます。
お二人とも1年目に比べて今は全然違いますか?
勝吉:全然違うと思います。1年目は、何をしていいか分からず表情で読み取るってこともあんまり出来なかったと思います。声掛けも何をしていいかまったく分からなかったし、教科書通りのことしかできなかったんで。今は会話とか表情を見て、自分で考えて動けることもあるのでそこは違うかなと思います。先輩に聞いたりする時もありますし、教えてもらったりもあります。
廣山:入った時はすごい不安でした。どうしゃべろうかと、何を話掛けたらいいんだろって。悩んでよく故郷に帰省していました。自分がやっていけるだろうかとか悩みました。半年ぐらい過ぎて、やっと慣れてきたと思います。先輩や指導員に相談していく中で、慣れてきたような気がします。
想い出に残っていること聞かせてください。
勝吉:夜勤の日に、入ってこられた状態の悪い患者さんが、その日ずっと布団に入ったままで話し掛けても返事もなかったことがありました。すごい落ち込んでたんですけど、何回か声を掛けたりとか、水分を頭元に置いたりとかぐらいしか出来なかった。すごい気になっていて、後日ちょっと回復した時にその患者さんから「あの時はありがとう」と言われたのがうれしかったです。コミュニケーションだけじゃないなと思いいました。目に見えない何か想いが伝わったようなそんな気がしました。
今後の目標を聞かせてください。
勝吉:国家試験に合格することがひとつ。保育士になりたいと思っていたんですけど、ここで働き出してからやっぱり精神科を勉強したいと思うようになったので、精神科だけをしていこうと思っています。
廣山:私もまず、国家試験に合格すること。精神科でずっと働きたいんですけど、整形外科でもやってみたいんです。興味がある。見て見たいです。
~インタビューを終えて~
ご自身の目標をすぐに言えるのは素敵なことだと感じました。有馬病院の環境の良い職場風土がそういったやる気にさせているのでしょう。仕事に対しての質問に、少し恥ずかしそうにされながらも、丁寧にお話いただき、それを微笑ましく見守る矢部看護師長がまた印象的でした。