ごあいさつ

ホームページにようこそ
「うつ」を専門に治療する心療内科リワーク病棟「六甲」に関心をお持ちの方、受診や入院を考えておられる方、そして受診あるいは入院を決められた方、また患者様のご家族様にご挨拶いたします。
このホームページにようこそ!

このうつ専門治療ストレスケア病棟は、六甲山に連なる山並みが南に大きく迫る、自然豊かな環境のなかにあります。散歩に適した場所が多く、病棟の電動自転車がしばしば愛用されています。
個室ばかりの病棟は静かで落ちついた佇まいで、うつ病治療に欠かせない心身の休養に、最適な環境を提供しています。また、ストレスの多い環境を離れ、病棟の日課に沿って日を送るうち、生活リズムをとり戻すとともに、患者様自身の人生などを振り返り見直すよい機会になると思います。さらに、認知行動療法を中核としたリワークプログラムに参加し、うつ改善のための様々な知識・技術を習得および訓練することができます。

スタッフは種々の心理社会的療法をリワークプログラムとして、うつ病だけでなくうつ状態に陥った人々にも提供してきました。臨床経験を積み、病棟内の教育・研修とカンファレンスで得た知識や技術が身についてきたと感じています。患者様の安定した持続的社会復帰をめざして、多職種の専門スタッフがチーム医療を実践し、家族・職場・紹介元主治医と密に連携し、より一層良質なオーダーメイドの医療・ケア・サービスを提供する所存です。
どうぞよろしくお願いします。   

理事長 内海 浩彦

うつ専門治療ストレスケア病棟 リワーク病棟「六甲」開設の歩み

「うつ病」は、長期休職や自殺の動機・誘因の大半を占め、患者様本人だけでなくわが国にも大きな損失をもたらしますので、うつ病治療の質の向上は精神科医療の大きな課題です。ほとんどのうつ病者は、自宅で休養をとりながら薬物療法中心の外来治療を受けています。こういった従来の外来治療でも症状は軽減しますが、肝心の稼働能力の回復は不十分で、症状は回復しても復職リワーク=return to workを意味する造語)できない方が多く、たとえ復職しても再発・再燃のため再休職しやすいのです。時間と手間がかかりますが、薬物療法に加え認知行動療法などの心理社会的療法が必要です。
また、自宅療養が困難な方は少なくないのですが、わが国には適当なうつ病の入院治療施設は稀で、兵庫県にはありませんでした。うつ病の患者様はとくに、気をつかわなくてよい、自由で落ち着いた静かな環境を好まれます。閉鎖病棟はむしろしばしばストレスフルです。
そこで・・・
  • 2008年3月
  • 日本リワーク研究会が発足
    復職を支援できる「うつ専門治療病棟」開設計画が始まる

  • 2010年2月~2011年10月
  • 兵庫県下でははじめて県の委託事業として、うつ病休職者を対象に集団認知行動療法プログラムの提供を開始した。

  • 2010年5月6日~2011年10月27日
  • 「うつ専門治療病棟」の開設準備のため、関係の職種から選ばれた15名のメンバーによる「リワーク病棟開設プロジェクト会議」が計69回開催される

  • 2011年11月15日
  • 有馬病院(1958年開設)にうつ専門の心療内科リワーク病棟「六甲」が新しく加わる

主に地域のクリニックの紹介やインターネットのホームページを見て受診される方が多くいらっしゃいます。開設当初は不慣れな点がみられましたが、次第に自分たちの役割と業務が明瞭になりました。対人専門職の場合、日常業務はレディメイドではありません。マニュアルにこだわることなく、臨機応変に、しかも円滑に実行されるようになってきました。

関連機関について

リワーク病棟「六甲」のサテライトクリニック内海メンタルクリニック
心療内科・精神科の外来診療とともに、リワーク病棟「六甲」を退院された方たちや、他の医療機関で治療継続中の方々を対象に、職場復帰直前のリワークデイケアを実施しています。
クリニックの基本理念の一つに、認知療法・認知行動療法を置いています。
認知療法・認知行動療法は気分(感情)障害の治療法として、欧米はもちろん、我が国でも最近とくに注目されるようになってきました。

内海メンタルクリニックの外来診療とリワークデイケアでは、認知療法・認知行動療法で重視される共同的な治療環境を基盤として、治療とリハビリテーションを進めています。


内海メンタルクリニック

  • 住 所 兵庫県西宮市津門稲荷町5-8大丸ハイツ
  • 電 話 0798-22-5088
求人情報
リラクゼーション 食べる喜び リワーク 寄り添う人々